EOS-D6撮り初め Yashica ML 21mm F3.5 小金井公園

もう梅も見頃になったのではないかと期待して、梅祭りも終わった小金井公園に出かけました。
訳あってEOS-5DmkIIからEOS-6Dに乗り換えたこともあって、その試写も兼ねています。
折角のフルサイズ、広角を使わないではいられません。

公園に行ってみたものの、人出は盛大でしたが、肝心の花は?という状態でガッカリしました。
それほど今年は寒いのでしょうか。
絞りは、F5.6です。
画像

画像

画像

天気もよくないし、さえない梅に見切りをつけ、他の花を撮ってみました。
画像

画像

画像
中々うまく、風景を入れられないものです。寄れない広角でのボケはむずかしいですね。
クマザサはどこでも見頃です。
画像
しかし、この一角は、不自然きわまりない存在でした。

というわけで、ストレスがたまった後は、これに限ります。
画像
(EOS-6D CZJ Pancolar 1.8/50 F2.8)

画像
(EOS-6D CZJ Pancolar 1.8/50 F2.8)
写りは可もなし不可もなしというところでしょうか。

こちらは相変わらずいい写りでホッとします。
画像
(EOS-6D AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED F2.8)
’95は、うわさどおりのよい年でした。

EOS-6Dの一番の所感は、シャッター音のショックの少ない静かさでしょうか。M3のような心地よさはありませんが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年03月07日 05:13
5Dmark-Ⅲにこだわらないひとには、6Dの軽快さと値段が魅力なのかもしれませんね。キットレンズのEF24-70mmF4Lは、マクロ機構も装備しているということですし、このレンズ買ってみようかと思うものの、先立つものがないのでもうしばらく先になりそうです。

 ウメはまだ見頃には早かったですか。今週末にはかなり咲き進んでいることでしょう。広角ですと、花が密に咲いていないと散漫になりがちですし、曇り空バックですと映えませんね。
 マンサクやらソシンロウバイは盛りのようですね。
2013年03月07日 16:34
なおさん、コメントどうもありがとうございます。
もう今日で近所の梅もほとんど満開になりました。
暖かい日が2~3日必要だっただけの準備状態だったようです。
キットレンズ付きも考えましたが、マクロ域などは単焦点にはかなわなく使わなくなるのは目に見えていたのでbodyだけ新調しました。私としてはGPSもWi-Fiもいらないので、さらにもっと薄手で軽く、液晶画面の向きが変えられるのがほしいですね。オールドレンズへの6Dのミラーの干渉は5DmkIIとほぼ同じでした。

この記事へのトラックバック