浴恩館公園にも春: 池の畔で

浴恩館公園、池の方のしだれ梅はどうかと思って見に行きましたが、やはり暖かい日が続いて盛りは過ぎてしまっていました。カメラはEOS-D60、レンズはCZJ Pancolar 50mm F1.8で絞りF4で撮影しています。

南側にある池と目的のしだれ梅です。
画像
よく見ると肝心な梅にはピントが合っていなく手前の木の方に合っているようです。D60の一番不便なところはライブビューがないことです。スクリーンはマニュアルフォーカスカメラ用のマイクロプリズムとスプリットイメージの入ったものに付け替えているのですが、どうもマット面でピントを合わせた方がうまく正確にいくようです。このときはマイクロプリズムの方で合っていたのでいいかと思って、綿密にマット面でよく確認しなかったのが敗因でした。
画像
池の水面には桜吹雪ならぬ梅の花弁がたくさん浮いていました。
池の中で動くものがあると思ったら、ヒキガエルが産卵の準備か、早々と池の中に入っていました。
画像
ヒキガエルは陸生の蛙なので、産卵のこの時期にしか好んでは水に入ることはありません。たくさんいるところに行くと、1匹の雌を目指してたくさんの雄がつかまろうとして、直径が30cmくらいはある蛙団子の状態で水面に浮かんでいるのを見たことがあります。
ヤブツバキでしょうか、サザンカから椿に交代です。
画像

観光地で見られる海岸の崖沿い一面の水仙はもちろん見事ですが、そのあたりの公園でひっそり咲いている水仙も私は好きです。
画像

画像

画像

日陰のものも逆光になりますが撮影してみました。
画像
意外とコントラストが落ちるハレーションは少なかったのですが、たまたま背景左の枝までの距離が悪かったのか、見事な二線ボケになってしまいました。

これからは、桜やツツジが楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック