Tokina RMC 17mm F3.5 SL-17 試写

雪が降ってちょっとお休みしていましたが、広角レンズの試写の続きです。
最後は、非球面レンズを使っていないトキナーの広角レンズです。
価格的には、カラースコパーやニコンのレンズに比べて一桁低い数千円で取引されている廉価なレンズです。
大きさ的にはカラースコパーとニコンのレンズの中間くらいでしょうか。ただこのレンズは安いなりに鏡筒がプラスチック製です。カメラはEOS 5DmkIIです。

まずは、絞り解放F3.5での撮影です。
画像
他のレンズと同じように周辺減光がありますが、最も弱い気がします。焦点距離が最も短い割には優秀です。
絞りF8での画像です。
画像
周辺減光はそれなりに改善します。
以下、絞りはF8です。
画像

逆光に近い条件での撮影です。
画像
一つ上の画像は順光での撮影になりますが、それに比べて極端に悪くはなっていません。
画像

カラースコパーやニコンのレンズでは感じませんでしたが、このレンズは歪曲収差は結構あります。直線の多い対象の撮影には向きません。今時のレンズでは普通に使われている非球面レンズを使用していないので、廉価版レンズではこんなものかもしれません。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

以上の画像を見ると、歪曲収差を除けば、数千円で手に入るレンズとしてはかなり秀逸であることがわかります。直線的なものを入れなければ、歪曲収差は問題ではないでしょう。
実際手に入れようとするとオークションでもなかなか出てこないのが残念なところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック