テーマ:旅行

滄浪泉園: Contax G Planar 2/35

新小金井街道のトンネルの上に来ました。小金井市から府中市にかけての眺めがいい所です。ちょうど国分寺崖線の崖っぷちにあたります。 トンネルの上は小さな公園になっていてサザンカが咲いていました。 滄浪泉園に入ると中は石畳です。さすがに冬場、人はまばらでお昼時間とあって入園者はすぐに私一人となってしまいました。 池に降りてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬枯れの貫井神社: Contax G Planar 2/35

今日は朝から天気がよかったのとG Planar 35mmが眠っていたので、少々寒いのですが、近所の貫井神社の様子を見に行きました。カメラはNEX-5N、このレンズは絞り開放だと明るい被写体でフレアが出やすいのでF4~F5.6に絞っています。 貫井神社の本殿です。新しく再建されたものです。 手前のカエデでしょうか、葉がある時期では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューオーリンズ探訪(6)フレンチ・クォーター

教会の横からフレンチ・クォーターと呼ばれる旧市街地に入りました。ミシシッピ川と平行に走っている道を戻るように歩きました。ニューオーリンズ・シリーズも最後です。 遠くにはカナル・ストリート沿いの高層ビルが見えますが、旧市街地は三階建てくらいまでの建物ばかりです。 (NEX-5N Contax G Vario-Sonnar 3.5-5.…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニューオーリンズ探訪(5)教会と広場

ジャクソン広場の中を覗いてみました。 (NEX-5N Contax G Vario-Sonnar 3.5-5.6/35-70)以前は、広場の門が開いている昼間の時間は、中に浮浪者がたくさんいましたが、今回は、ご覧の通り全く見当たりませんでした。 広場の門も凝った作りになっています。 元々はガス灯だったのでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューオーリンズ探訪(4)ジャクソン広場周辺

大砲が飾ってあったテラスからジャクソン広場を眺めました。 (NEX-5N Cosina Super-wide Heliar 4.5/15 F5.6) レンズを付け替えて、観光地にありがちな馬車を撮ってみました。 (NEX-5N Contax G Vario-Sonnar 3.5-5.6/35-70) 教会の両横には旧市庁舎があり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニューオーリンズ探訪(3)船着き場

ミシシッピ川に沿って歩くと観光船の船着き場がありました。 NEX-5NとSuper-wide Heliar 15mm F4.5をF5.6で撮影しました。 この遊覧船では、以前、中でジャズの生演奏を聴きながら食事をした覚えがあります。 川を上がったり下ったり1時間くらいでしょうか。 波がないので船に乗っていても揺れがほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューオーリンズ探訪(2)ミシシッピ川河畔

ニューオーリンズの大通りであるカナルストリートは有名な大河であるミシシッピ川に当たって終わります。 NEX-5NとSuper-wide Heliar 15mm F4.5をF5.6で撮影しました。 その場所にある映画館の入り口です。 川に向かって進みます。 典型的な高層建築ですが、日本の高層ビルとは随分デザインが違うものです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューオーリンズ探訪(1)カナル・ストリート 

昨年の10月に仕事でアメリカ南部のニューオーリンズに行ってきました。 撮り溜めしてあったものを、しばらくアップしたいと思います。 ニューオーリンズも今回で四度目くらいになるでしょうか、勝手のわかっている都市ですが、何年か前の大きな台風で洪水になって以来です。カメラは荷物を減らすため、NEX-5Nと小さなレンズであるSuper-w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokina RMC 17mm F3.5 SL-17 試写

雪が降ってちょっとお休みしていましたが、広角レンズの試写の続きです。 最後は、非球面レンズを使っていないトキナーの広角レンズです。 価格的には、カラースコパーやニコンのレンズに比べて一桁低い数千円で取引されている廉価なレンズです。 大きさ的にはカラースコパーとニコンのレンズの中間くらいでしょうか。ただこのレンズは安いなりに鏡筒がプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翌朝の浴恩館公園

今日は朝から快晴です。前の夜には星が出ていたので晴れることはわかっていましたが、朝、目が覚めたときの窓から漏れる光の、色温度の高い青い明かりから、浴恩館公園に雪が残ってはいないかと、もう一度見たくなりました。バリバリに凍った雪に足を取られつつも、よたよたしながら歩く小学生の列を交わしながら、出かけました。 再び同じように、浴恩館の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪の浴恩館公園

今日は雨の予報だったのが、とんでもない、大雪になりました。確かに、朝9時頃までは雨が降っていたのですが、10時頃にはボタ雪に変わってあれよあれよという間に積もりました。 やんだら写真でも撮りに行こうかと思っていたら、午後四時くらいからまた雨に戻ってしまいました。せっかくの雪景色が溶けてしまうと思い、急いでとりあえず近所の浴恩館公園にか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Ai AF Nikkor 18mm F2.8D 試写

次は、ニコンのモールド非球面レンズの第一号であるレンズです。 非球面レンズといえば、研削非球面レンズ(ニコンは精研削と呼んでいますが)を使用したノクトニッコールや28mm F1.4Dが有名で、生産中止になってからは今でも随分高価に取引されていますが、この18mmは、最近は、前回のカラースコパー20mm程度の価格で手に入るようになりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 Aspherical SLⅡ試写

昨年、5月頃、広角レンズのどれを手元に残すか、決めるために神戸市垂水にある五色塚古墳を試写した画像があったので、記録としてアップしておくことにしました。 まずは、Cosinaのカラースコパーです。非球面レンズを使っている現代のレンズですが、最近の広角としてはレンズの枚数は少ない方でしょうか。この頃はまだピントリングはゴム巻きでしたが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

湯島天神(3) C Biogon 4.5/21 ZM

このBiogonは最短撮影距離が0.5mもあって、広角特有のパースペクティブを感じさせる写りはあまり望めません。 しかし手前をぼかすなら、最短撮影距離が長くても使えます。 (NEX-5N C Biogon 4.5/21 ZM F4) 焦点距離の短いレンズは中間リングでカメラ本体から離すと、覿面に最短撮影距離が短くなります。 ヘリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯島天神(2) C Biogon 4.5/21 ZM

小寒い休日でしたが、狭い境内には人があふれていました。 (NEX-5N C Biogon 4.5/21 ZM F4.5) 合格祈願がほとんどですが、こんなにたくさん連ねて”落ちる”ことはないのでしょうか。こちらの御札は年末で燃やされるそうです。 (NEX-5N C Biogon 4.5/21 ZM F4.5) 小高い山の上にあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯島天神(1) C Biogon 4.5/21 ZM

祈願の御札を掛けるのを頼まれ、年末に湯島天神に来てしまいました。 直線性の高いC Biogon 4.5/21 ZMを試してみました。 東の入り口の階段です。 お昼前の日が高いときでしたが、冬至近くのこの日では日が当たるのは銀杏の木のてっぺんだけでした。 (NEX-5N C Biogon 4.5/21 ZM F4.5) 階段右手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元旦の生田神社 Zeiss C Biogon 4.5/21 ZM

あけましておめでとうございます。 神戸に住んで14年以上になりますが、年末年始は実家に戻ってしまうので、神戸にある神社には無縁でした。 神戸にいる最後の年でもあるので、初めて三宮にある生田神社に行ってきました。 今回は、NEX-5NにZeiss C Biogon 4.5/21 ZMを付け、絞り開放のF4.5、ピントは近接時以外は無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反射望遠レンズを試す(6) Tamron SP 500mm F8 55BB 如意寺

重要文化財が三棟もありながら、訪れる人が少ない如意寺にやってきました。 近くによっては見ることができないお寺のパーツを撮ってみました。 カメラは、EOS-5DmkIIです。 三重の塔の最上階の屋根です。 もう少し近づくと大きくはなりますが、下から見上げる形になってしまいます。 水煙を見てみましょう。 避雷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反射望遠レンズを試す(5) Tamron SP 500mm F8 55BB モザイク

対岸ばかりでしたが、今度は足下も撮してみました。 カメラはEOS-5DmkIIで、前回同様レンズのコントラストや解像を補うため、多少コントラスト調整とアンシャープマスクをかけました。 商業施設モザイクにある観覧車です。 こうやって撮すと実物以上に力強さを感じます。 観覧車のゴンドラです。 35mmレンズなら観覧車全体が余裕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反射望遠レンズを試す(4) Tamron SP 500mm F8 55BB 神戸港

神戸港を一望できる商業施設のモザイクに来ました。 カメラはEOS-5DmkIIで、レンズのコントラストや解像が補うため、多少コントラスト調整とアンシャープマスクをかけました。 ポートタワーも倍くらいの大きさになりました。 奥行き方向の密度が高く、画像が混雑しています。 500mほど離れた対岸から撮しているのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反射望遠レンズを試す(3) Tamron SP 500mm F8 55BB 神戸

仕事の用事で神戸クリスタルタワーに行きました。そこそこの高層ビルなのでカメラとレンズをカバンに忍ばせ、エレベーターホールから景色を撮しました。あいにく天気は雨が降る前の曇り空でしたが、ハレーションに弱いこのレンズにはかえってよかったかもしれません。カメラはEOS-5DmkIIで、レンズのコントラストや解像がよくないので、多少コントラスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性海寺:Contax G Vario-Sonnar

一月ほど前に近所の性海寺に行ってきました。 性海寺(しょうかいじ)というと愛知県稲沢市にあるあじさい寺(大塚山)の方が世間では有名なようですが、神戸市西区にも同じ名前の付いた寺があって、こちらは高和山です。 歴史的には神戸の方が100年ほど古いらしく八幡宮を鎮守としていたと言うから神仏混合だったようで、七堂伽藍が揃い、江戸末期には二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加東市平池公園(5) 近接撮影: Apo Macro Super 70-300mm

廉価版望遠ズームレンズ、APO MACRO SUPER 70-300mm F4-5.6のマクロ機能を使って大写ししたかったところですが、池の柵が水辺から、結構、遠目に設置してあって思うようには近寄れませんでした。その中でも、まだ大きく撮せたのがこの3枚ですが、マクロに切り替えずに写る範囲です。 ピンクと赤の睡蓮です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加東市平池公園(4) 睡蓮の花: Apo Macro Super 70-300mm

この公園は、蓮は100種類以上あるそうですが、睡蓮はたったの4種だそうです。午前中の満開の時に、廉価版望遠ズームレンズ、APO MACRO SUPER 70-300mm F4-5.6、カメラはEOS 5DmkII、廉価版レンズには厳しいですが、すべて絞り開放での撮影です。 たくさん咲いていたピンクの睡蓮です。 廉価なレンズな割に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加東市平池公園(3) 遠景: Apo Macro Super 70-300mm F4-5.6

今は後継のシグマのDGレンズとして2万円以下で手に入る、廉価版望遠ズームレンズ、APO MACRO SUPER 70-300mm F4-5.6を久しぶりに連れ出して、平池公園の睡蓮を撮りに行きました。 このレンズは、前回のキャノンのDOレンズとは対照的に、廉価にしては写りがいいと評判のレンズです。 久しぶりに手にするとチープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加東市平池公園(2)大賀蓮: EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM

自宅から車で高速に乗らずに40分ほどで行ける平池公園に、睡蓮と蓮の様子を見に行きました。睡蓮は、到着した時間が遅かったので、花がすぼんでしまっていましたが、蓮の方は、良く咲いていました。 DOレンズという変わり者EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMでの撮影の続きです。カメラは、同じくEOS 5DmkIIで、ほとん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加東市平池公園(1)睡蓮とトンボ: EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM

自宅から車で高速に乗らずに40分ほどで行ける兵庫県加東市平池公園に、睡蓮と蓮の様子を見に行きました。 今回撮影に使った EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM と言うレンズは、DOレンズ(積層型回折光学素子)とかいう、光を曲げる原理は全く違いますがフレネルレンズの溝を超細かくしたようなレンズを使った変わり者です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如意寺・草木 Contax G Vario-sonnar 35-70mm F3.5/5.6

コンタックス Gシリーズのレンズであるバリオゾナー T* 35-70mm F3.5-5.6をもって、緑も濃くなった如意寺を見てきました。NEX-5Nで、すべて絞り開放で撮影しました。 境内の中には、植えられた草木もあれば、雑草のように生えたものもあります。私は草花が好きなので、レンズの性能としてある程度大きく撮せることは必須です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如意寺・三重塔 Contax G Vario-sonnar 35-70mm F3.5/5.6

コンタックス Gシリーズのレンズであるバリオゾナー T* 35-70mm F3.5-5.6をもって、緑も濃くなった如意寺を見てきました。NEX-5Nで、すべて絞り開放で撮影しました。 このお寺に入って右手の高台にある三重塔です。太山寺にも三重塔がありますが江戸時代前期の建造であるのに対して、如意寺の三重塔は南北朝時代の造りのためか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如意寺・常行堂 Contax G Vario-sonnar 35-70mm F3.5/5.6

コンタックス Gシリーズのレンズであるバリオゾナー T* 35-70mm F3.5-5.6をもって、緑も濃くなった如意寺を見てきました。NEX-5Nで、すべて絞り開放で撮影しました。 このお寺に入って左手の高台にあるのが常行堂(阿弥陀堂)です。鎌倉時代初期の造りで、太山寺にある国宝の本堂を小さくしたような建物です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more