テーマ:CZJ Flektogon 35/2.4

奥日光 竜頭の滝

7月末に日光に行ってきました。 日光は、大学院生時代に栃木県に2年半いたこともあって何度も足を運びましたが、およそ30年ぶりの訪問となります。 付いた当日は、曇り空に時々雨が降ったり陽が差したりと不安定な天気でした。 まずは竜頭の滝の上の方の駐車場で降り、駐車場から滝の方に下っていきました。 カメラはEOS-6D、レンズは Ca…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flektogon 2.4/35 MC (4) 高塚公園のバラ

フレクトゴンは同じような焦点距離の他のレンズに比べ、ずっと近寄ることができます。実際近寄ったときに、どの程度マクロレンズ的な写りができるのか試しました。撮影条件は前回と同様です。 目一杯寄る前に、35mmレンズによくある最短撮影距離である0.3mでの画像です。 それほどかカリっとした高解像・高コントラストではないのですが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flektogon 2.4/35 MC (3) 高塚公園のバラ

前回1mくらいの撮影距離では、グルグルボケこそないものの、リング状のボケや2線ボケ傾向が見られて、今ひとつ好ましい写りではなかったのですが、今回はもう少し近づき0.4~0.5mほどの距離で撮影してみました。カメラや絞りなど撮影条件は前回と同じです。 不思議なことに、この距離になると、リング状のボケは比較的均一な円盤状のボケになって、形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flektogon 2.4/35 MC (2) 高塚公園のバラ

距離1mくらいの所にピントを合わせて撮りました。背景の遠くにあるものが何であるかがわかる程度にしかぼけない程度の距離ですが、近くのものは大きく見やすい大きさで写り、少しボケてはいますが遠くの景色からどのような場所で撮ったかがわかるような、35mmのレンズで撮影するには程よい距離です。 絞り、カメラの条件は前回と同じです。 ピント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flektogon 2.4/35 MC (1) 高塚公園のバラ

オールドレンズの中でも有名で人気のあるレンズであるCarl Zeiss Jenaのフレクトゴン 35mm F2.4 MCですが、近接撮影やコントラストなどよい所があるのだけれども、ボケが固いことがあることから、つい敬遠がちでした。今回、バラ園もきれいに咲いていることだし、このレンズのよい点をもっと引き出せないものかと思い、距離を変えて撮…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Flektogon 35mm F2.4 MC 秋桜と近所の花

フレクトゴン第2弾として、今回は、フレクトゴンの中で最も名玉として知られる焦点距離の長い35mm/F2.4を使って見たいと思います。 カメラはNEX-5、ISO200、WB:晴天、絞り優先、絞り開放、中央部重点測光、FINE-L、スタンダードです。 まずは普通の距離で撮ってみました。 焦点の合っている所は十分な解像…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フレクトゴン 35mm F2.4 後期ブラックバージョンのシリアルナンバーと外観の違いについて

フレクトゴンは、カール・ツァイス・イエナ製の旧東ドイツで作られていた、レトロフォーカスタイプの広角レンズで、マウントがM42の物があり現代の一眼デジカメにマウントコンバーターを付けて装着できること、最短撮影距離が短くマクロ的な撮影ができること、値段も西側ツァイスやライカに比べれば安価な割には写りが結構良いこと、などから、最近人気が出てき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more