テーマ:Planar 1.7/50 AEJ

貫井神社のコウホネ

貫井神社の池には、コウホネが咲き始めていました。コウホネは県によっては絶滅危惧I類に指定されていますが、水中葉が柔らかできれいなので、熱帯魚用の水草としても使われています。貫井神社の池の水は湧き水が流れ込み年間を通じて温度は安定しているようで、亀や鯉に餌をやる人さえいなければ、水もそうは汚れないでしょう。 この暑いときでも水が冷たいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の貫井神社

何となく、ツァイスの安物レンズであるコンタックス プラナー50mm F1.8を眺めていたら、解放での写りと絞ったときの変化が見てみたくなりました。とりあえずいろいろ植えてある貫井神社に行けば何か被写体はあるだろうと言うことと、ここ数日7月初旬の猛暑が嘘のように治まっているので、出かけてみました。カメラはEOS-D60です。 藤の実…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里山の実り

柿の葉も、このごろの寒さで落ち、たわわになった柿の実が目立つ季節となりました。今年はどこも豊作のようです。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII 一番赤い実は帰り際に見てみたら、もう鳥につつかれ半分になっていました。渋柿だと思うのですが、鳥は渋くないのでしょうか。春が来るまで野鳥には貴重な食料になりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな花たち

見慣れた雑草たちを、Leica Macro-Elmarit R 60mm R2.8で等倍撮影してみました。このレンズの現役だった頃の値段を見ると、60mm前後の国産のマクロレンズに比べて4~5倍くらいの値段で、いかにに高価なレンズだったか、そして現在は、中古ながらも国産のマクロレンズなみであることも、驚きです。使い勝手は別にして、それほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノコンギクとシロヨメナ

朝晩だけではなく日中も随分涼しくなりましたが、近所ではノコンギクがピークを迎えています。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII ピークと言ってもここでは他の雑草の隙間から花を覗かせている状態でノジギクのようにびっしりというわけにはいきません。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クワクサとフユノハナワラビ

地味な草花を2つ紹介します。 クワクサです。 Macro-Elmarit R 60mm R2.8/EOS-5DmkII こちらが花でしょうか。蕎麦の実のように見えます。 Macro-Elmarit R 60mm R2.8/EOS-5DmkII 1段根本に近いところは、もう実が大きくなりつつありました。 Macro-Elmar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヨドリバナとノハラアザミ

ヒヨドリバナとノハラアザミ、一月以上前の9月上旬頃から咲き始めていた花たちですが、とうとうピークを過ぎたようです。 人の背を越す大変大きな株になったため、少し倒れてしまったヒヨドリバナです。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII 盛んにハナムグリが、花粉や蜜を求めて動き回っていました。 M…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツルニンジンとツリガネニンジン

畦道の横の藪に隠れて、アケビに似ているけれど、ちょっと違う形の葉があると思ってよく見たら、ツルニンジンだった。Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII 後ろに絡んで見えるツルは、ヤブツルアズキだろうか。花や実はなかった。 遠目に見ると随分地味な花だが、 Macro-Elmarit R 60mm R2.8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌタデとヤナギタデ

畑の畦のあちこちでピンクに染まっているところがあると思えば、イヌタデの群落でした。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII 絞り開放 カタバミの黄色の花と共存しています。このプラナー、焦点の合っているところのコントラスト・解像感はまあまあですが、あまりきれいなボケではないですね。ボケに関しては一工夫要り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キヅタとアメリカネナシカズラ

陽気なこの日、里山の農道を歩いていると、全体がらブンブン羽音が聞こえる木がありました。 近くに寄ってみてみると柿の木にキヅタが絡んでいて、そのキヅタの花が満開の状態で、蜂やアブがたくさん蜜を吸いに飛んできているのでした。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII しかし、蜂たち中にとんでもないお客様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウヤボウキ

以前咲きかけしか見ることができなかったコウヤボウキが気になって、もう一度見に行ったら、今回はほぼ満開の状態で、たくさん見ることができました。またライカRのマクロレンズ、Macro-Elmarit R 60mm R2.8の等倍撮影での写りも知りたく、専用リングを付けて撮ってみました。専用リングの取り外しも面倒なので、拡大撮影しないときは、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の花たち: Planar 1.7/50 AEJ

梅雨の合間に久しぶりにカラっと晴れたので、農道をさまよっていたところ、畑の隅の一角で、多分自家用なのでしょう、いくつかの種類の切り花向けの花が植えられていました。カメラは、いつものEOS 5DmkIIで、シャッタースピードの関係でF2.8まで絞って撮影しました。 まず、ヒャクニチソウです。結構色とりどりです。 ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまわり: Planar 1.7/50 AEJ

前回、このプラナーでネジバナを撮ってみましたが、標準レンズで撮るには小さすぎるのか、このレンズの最短撮影距離が短くないのか、今ひとつ冴えませんでした。 今回は、梅雨の合間に久しぶりにカラっと晴れたこともあって、あちこちでチラホラ咲き始めたひまわりを撮ってみました。カメラは、いつものEOS 5DmkIIで、シャッタースピードの関係でF2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネジバナ(1) Planar 1.7/50 AEJ

勤め先の空き地にネジバナがたくさん咲いてきれいだったので写真に納めてみました。 今回はZeissのレンズの中でも廉価版、おそらくTessarの次に安いプラナー 50mm F1.7 AEJです。 安いと言っても、兄貴分のプラナー 50mm F1.4と同じF2.0で比較すると、どうも解像力はこちらの方が優れているようです。カメラはいつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more