テーマ:M-Elmarit R 60/2.8

近所の雑木林、キンラン、ギンランも実

5月も終わり梅雨の宣言も出たのですが、今ひとつ雨の降らない毎日です。 キンラン、ギンランはどうなったか、見に行きました。 ヤマイモやヘクソカズラでしょうか、周りに高い物がないので巻き付いています。 こちらもキンランがわからないくらい巻いています。 ギンランは日当たりが悪いのと背が低いためか巻き付かれていません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の雑木林、里芋の仲間に実

里芋の仲間であるマムシグサの仲間も花が終わって、緑色の実をつけ始めました。 こちらは、ムサシアブミですが、花が咲いていた頃に比べて倍くらいの大きさになって、南方系の観葉植物のような雰囲気が漂っています。 外からは実がなっているかはわかりませんが、太さからしてこの中には実がありそうです。雄花だった個体はもうすべて枯れてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の雑木林、林の周り

この雑木林の緑も随分濃くなってうっそうと茂っていますが、意外と林の中は厚い落ち葉が積もり、下草はありません。 林の縁にはガマズミが咲いていました。 ウィルスでしょうか、葉が縮れていますが、花は平気なようです。 ナワシロイチゴも地面を這うように生えていました。 白い花が多いイチゴの花ですが、濃いピンク色をしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の雑木林、キンランの花も枯れて

5月も下旬になると、キンランの花もおしまいです。 花穂の先の花だけが残り、受粉しているようです。 こちらは花びらがまだ残っていますが、色が抜けて白っぽくなっています。 完全に花びらが枯れてしまっている個体もあります。 どの個体を見ても花穂の先にしか子房が残っていません。たぶん下の方の花が咲く頃はまだ気温が低く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の雑木林、ギンランを再び

近所の雑木林でギンランを探してみましたが、キンランに比べるとほんの少ししか見つかりませんでした。 この林では、ギンランは貴重です。 相変わらず開いたかどうかわからないような開き具合です。 180度くらい回り込んで撮ってみましたが、どこから見ても同じような写真で、日に向かって咲くということはなさそうです。 フタリシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の雑木林、キンランもいろいろ

この雑木林の奥にはシロバナキンラン?がありました。 シロバナといっても、花弁は黄色みを帯びていますし。唇弁は黄色で赤い筋はキンランよりはっきりしています。 別の個体です。 上の個体と同じですが、別の角度から。 クリーム色が濃いです。 こちらもまた別の個体です。 クリーム色が濃いのですが、黄色みはキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の雑木林、5月に入り

連休も明けて、近所の雑木林はどんな感じか、昼休みにちょっと見に行きました。 ギンランが、少しですが咲いていました。 キンランに比べると半分にも満たない大きさでしょうか、キンランのように目立つ黄色でもなく、少し木陰の所に咲いているので注意しないと見逃してしまいます。 こちらは別の株ですが、寒さか強風にやられたのか、少し茶色の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の雑木林(7)

日当たりのいいところのキンランが七分咲きになってきました。 カメラはNEX-5N、レンズはLeica Macro-Elmarit-R 60mm F2.8で絞りはF5.6です。 まだ蕾の部分がありますが、3本の株立ちの花が大分咲いてきました。 こちらは5本立の株ですが、これくらいの本数になると見応えがあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の雑木林(6)

林の奥の方には、落ち葉が積もって低木の少ない場所が所々にあります。 たまたまそちらの方に行ったら、ムサシアブミではないマムシグサの仲間が生えており、残念なことに花が終わった後でした。 カメラはNEX-5N、レンズはLeica Macro-Elmarit-R 60mm F2.8で絞りはF5.6です。 上の写真のものと違い、軸が緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学構内の花(8)

春は次々と花が咲くものです。 カメラはNEX-5N、レンズはLeica Macro-Elmarit-R 60mm F2.8で絞りはF5.6です。 ブルーベリーの花です。ドウダンツツジそっくりです。 真っ白なボケの花が咲いていました。 シロヤマブキです。 自生のものを見てみたいものです。 ミツバツツジは終わり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の雑木林(5)

キンランが咲いているところと少し離れた所で、ホウチャクソウが咲いていました。 カメラはNEX-5N、レンズはLeica Macro-Elmarit-R 60mm F2.8で絞りはF5.6です。 薄緑色の花で新葉とよく似ており本当に目立たない花です。 花の中を覗くと結構立派な雄しべが見えました。 足下を見ると、キラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の雑木林(4)

このところの陽気に誘われてか、もうキンランが咲き始めていました。この林にはぱっと見て50株以上はありそうです。 カメラはNEX-5、レンズはいつもはAPO-Lantharですが最大撮影倍率1:3.5がちょっと不満なので、今回は1:2まで撮せるLeica Macro-Elmarit-R 60mm F2.8にしました。絞りはF5.6です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ムラサキケマンとシュンラン

近所の雑木林を覗くと、ムラサキケマンが咲いていました。 カメラは、EOS-D60、レンズは久しぶりにLeica Macro-Elmarit-R 2.8/60で、F4まで絞っています。 斜め上から撮ると、背景がかぶって見にくい花になっています。 もう少し、水平に撮ってみました。 ちょっと角度を変えるだけで背景がぼけて、花が随分見や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里山の実り

柿の葉も、このごろの寒さで落ち、たわわになった柿の実が目立つ季節となりました。今年はどこも豊作のようです。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII 一番赤い実は帰り際に見てみたら、もう鳥につつかれ半分になっていました。渋柿だと思うのですが、鳥は渋くないのでしょうか。春が来るまで野鳥には貴重な食料になりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな花たち

見慣れた雑草たちを、Leica Macro-Elmarit R 60mm R2.8で等倍撮影してみました。このレンズの現役だった頃の値段を見ると、60mm前後の国産のマクロレンズに比べて4~5倍くらいの値段で、いかにに高価なレンズだったか、そして現在は、中古ながらも国産のマクロレンズなみであることも、驚きです。使い勝手は別にして、それほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノコンギクとシロヨメナ

朝晩だけではなく日中も随分涼しくなりましたが、近所ではノコンギクがピークを迎えています。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII ピークと言ってもここでは他の雑草の隙間から花を覗かせている状態でノジギクのようにびっしりというわけにはいきません。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クワクサとフユノハナワラビ

地味な草花を2つ紹介します。 クワクサです。 Macro-Elmarit R 60mm R2.8/EOS-5DmkII こちらが花でしょうか。蕎麦の実のように見えます。 Macro-Elmarit R 60mm R2.8/EOS-5DmkII 1段根本に近いところは、もう実が大きくなりつつありました。 Macro-Elmar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヨドリバナとノハラアザミ

ヒヨドリバナとノハラアザミ、一月以上前の9月上旬頃から咲き始めていた花たちですが、とうとうピークを過ぎたようです。 人の背を越す大変大きな株になったため、少し倒れてしまったヒヨドリバナです。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII 盛んにハナムグリが、花粉や蜜を求めて動き回っていました。 M…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツルニンジンとツリガネニンジン

畦道の横の藪に隠れて、アケビに似ているけれど、ちょっと違う形の葉があると思ってよく見たら、ツルニンジンだった。Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII 後ろに絡んで見えるツルは、ヤブツルアズキだろうか。花や実はなかった。 遠目に見ると随分地味な花だが、 Macro-Elmarit R 60mm R2.8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の始まり

神戸北西部も紅葉が始まりました。 Macro-Elmarit R 60mm R2.8/EOS-5DmkIIで撮ってみました。 何かよくわかりませんが、土手に生えていて陽が透けて赤く目立ちました。 ヤマブドウでしょうか、地面にはう葉が色付いていました。 ハゼノキです。虫が付いたのか一足早く色付いていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌタデとヤナギタデ

畑の畦のあちこちでピンクに染まっているところがあると思えば、イヌタデの群落でした。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII 絞り開放 カタバミの黄色の花と共存しています。このプラナー、焦点の合っているところのコントラスト・解像感はまあまあですが、あまりきれいなボケではないですね。ボケに関しては一工夫要り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キヅタとアメリカネナシカズラ

陽気なこの日、里山の農道を歩いていると、全体がらブンブン羽音が聞こえる木がありました。 近くに寄ってみてみると柿の木にキヅタが絡んでいて、そのキヅタの花が満開の状態で、蜂やアブがたくさん蜜を吸いに飛んできているのでした。 Zeiss Planar 1.7/50 AEJ/EOS-5DmkII しかし、蜂たち中にとんでもないお客様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウヤボウキ

以前咲きかけしか見ることができなかったコウヤボウキが気になって、もう一度見に行ったら、今回はほぼ満開の状態で、たくさん見ることができました。またライカRのマクロレンズ、Macro-Elmarit R 60mm R2.8の等倍撮影での写りも知りたく、専用リングを付けて撮ってみました。専用リングの取り外しも面倒なので、拡大撮影しないときは、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立秋: Leica Macro-Elmarit R 60mm F2.8

朝晩、少しだけ涼しくなったかと思ったら、もう立秋を過ぎていました。 秋の花はないものかと、ツリガネニンジンを見に行ったのですが、まだ咲くにはほど遠く蕾すらわからない状態だったので、その周りに生えていたいくつかの草を取ってみました。カメラはEOS-5DmkII、レンズの絞りはF4としました。 アキノタムラソウです。 ハナアブでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケイトウ: Leica Macro-Elmarit R 60mm F2.8

畑の一部に作られている農家の方の自家用切り花畑のケイトウの赤色があまりに鮮やかなのでつい写真に撮りたくなりました。ケイトウも盆花の一つなのでこの時期にはあちこちで見かけます。カメラはEOS-5DmkII、レンズの絞りはF4です。 トサカケイトウです。 こちらは玉ケイトウでしょうか。 トサカケイトウの下の部分には、カメム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミソハギ: Leica Macro-Elmarit R 60mm F2.8

夏も暑くなりお盆が近づくと近所にあるあちこちの畑の片隅にミソハギが咲き始めます。ケイトウも盆花として使われるためか、畑に植えられているのをよく見ますが、ミソハギの方は、ほとんどの場合、畑の畝ではなく、畦や水路の脇で雑草扱いです。しかし、刈り取られることはなく毎年咲くところを見ると、ミソハギとして大事にされているのでしょう。カメラはEOS…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more