テーマ:EOS D60

温室がなくても咲くカトレヤ、その2 Zeiss Ultron 1.8/50

近所の花を凹ウルトロンで撮影してみて、言われている以上に実質的な被写界深度は深い気がすると同時に、言われたとおり急速にぼけることがわかりました。ピントの合っている範囲と、そうでないところのコントラストがよく、ポートレートには向いている気がします。 まだ、白いカトレヤが枯れずに咲いていたので、撮ってみることにしました。 カメラは、EO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキケマンとシュンラン

近所の雑木林を覗くと、ムラサキケマンが咲いていました。 カメラは、EOS-D60、レンズは久しぶりにLeica Macro-Elmarit-R 2.8/60で、F4まで絞っています。 斜め上から撮ると、背景がかぶって見にくい花になっています。 もう少し、水平に撮ってみました。 ちょっと角度を変えるだけで背景がぼけて、花が随分見や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

身近な春 (2) Zeiss Ultron 1.8/50

ぼろアパートのまわりの花、次は足下の草に目を向けてみた。 カメラは、EOS D60、レンズは凹ウルトロン、Zeiss Ultron 1.8/50で、絞りは解放F1.8で撮影した。 引っ越しの度に捨てられていくのだろうか、たくさんの園芸植物があちこちにあるが、生えている場所からすると意図して植えられたものとはとても思えない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身近な春 (1) Zeiss Ultron 1.8/50

私の住まいであるボロアパートの周りには、他人の家の庭先を含め、意外にたくさんの花がある。 それらにも、もれなく春がやってきた。 カメラは、EOS D60、レンズは久しぶりの凹ウルトロン、Zeiss Ultron 1.8/50で、絞りは解放F1.8で撮影した。 何の新芽か知らないが、色、しわとも余りにきれいで思わず撮ってしまった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浴恩館公園にも春: 池の畔で

浴恩館公園、池の方のしだれ梅はどうかと思って見に行きましたが、やはり暖かい日が続いて盛りは過ぎてしまっていました。カメラはEOS-D60、レンズはCZJ Pancolar 50mm F1.8で絞りF4で撮影しています。 南側にある池と目的のしだれ梅です。 よく見ると肝心な梅にはピントが合っていなく手前の木の方に合っているようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浴恩館公園にも春:アセビとカンヒザクラ

浴恩館公園は、低木もいろいろ植えられています。 カメラは、引き続きEOS-D60とCZJ Pancolar 50mm F1.8 で絞りもF4です。 アセビもほぼ満開になりました。 花だけ見ている限り、馬をも倒す毒があるようには見えません。その毒作用を調べてみるとフグ毒とは逆になる効果のようです。毒は毒をもって制すとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浴恩館公園にも春:カタクリとスミレ

随分暖かくもなったことだし天気もいいので、久しぶりに浴恩館公園を見に行ったところ、早々とカタクリが咲いていました。 カメラは、EOS-D60、レンズはCZJ Pancolar 50mm F1.8でF4に絞って撮影しています。 山で見るカタクリは、水はけはいいけれどもそれ程乾燥していないところでよく見かけますが、ここでは公園の南側…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Tamron SP 70-300mm (Model A005) 今一つな写り達

Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)の試写の続きです。 最後に、このレンズに不評を訴えた人たちの気持ちもわかるような写真をあげておきましょう。 カメラはEOS-D60です。特に指定がなければ絞りはF5.6です。 何の変哲もない水仙の花ですが、この程度の解像、コントラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Tamron SP 70-300mm (Model A005) フクジュソウ

Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)の試写の続きです。 フクジュソウは、足下に咲いているものもありましたが、5m以上離れているところに咲いているものもあって、このレンズの本領を発揮できる場面です。 カメラはEOS-D60です。 まず、絞りF5.6での撮影です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tamron SP 70-300mm (Model A005) セツブンソウ

Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)の試写の続きです。このときは、絞り解放時の写りの甘さをそれ程深刻には考えていなかったので、すべて絞りF5.6で撮影しています。カメラはEOS-D60です。 この小さな花を、わざわざ遠くから最短撮影距…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tamron SP 70-300mm (Model A005) オオイヌノフグリ

Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)が、いかほどのものか知りたくて撮ったものを放出で、参考になれば幸いです。 このレンズは、APS-Cのカメラにつければ、換算450mmと結構な望遠レンズになり、さらに最短撮影距離が1.5mなので、倍率も1/3までよれます。本格的なマクロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tamron SP 70-300mm (Model A005) 白梅とロウバイ

職場で新たなジョブを引き受けたのはいいのですが、あまりの忙しさにブログどころではなくなりました。 しかし、何とか積もっていたジョブも大半はこなし、再開できました。 やっと梅も見頃になってきました。今年も3年続きの寒い冬だったようですね。 関東地方では遅い春一番も吹いたことですので、貧乏人向けのお助け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浴恩館公園の小鳥たち

植物園などで近寄れない花を撮るために、300mm以上のレンズがほしかったのですが、反射式は写りが今一だし、屈折式の単焦点は高価で重いしで、大枚はたくべきかどうか、考え込んでいました。 とりあえず、貧乏人向けのお助けだけれども、今ひとつ評価の割れている廉価レンズ、Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

EOS D60 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 (2)

旧式デジタルEOSの発色、やはり今のものとは若干違うようですが、他の草ではどう見えるでしょうか。 フクジュソウですが、セツブンソウを撮っているうちに、日が雲に時々隠れるようになって、あっという間に閉じてしまいました。 個々の花びらを見ると、細かい写りの度合いがパナ+ライカとは随分違うものです。また、パナ+ライカでは葉の色がほ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

EOS D60 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 (1)

旧式デジタルEOSの発色を好む人が使うD60を久しぶりに使ってみました。 Canonの最近の一眼レフは1800~2200万画素であるのに比べ、D60はたかが600万画素しかありません。しかしブログにFullHDで掲載するにしても60%位に縮小することになりますから、ブログに掲載するくらいなら解像度的にはこれで十分なことがわかります…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

EOS D60とKissX3の色味の違い: ホワイトバランスと露出補正

ホワイトバランス(WB) 3種:自動・晴天・曇天、露出補正を3段階: -1EV、 0EV、 +1EV で、D60とX3で撮り比べてみた。 X3にはピクチャースタイルの設定があって、EOS DIGITAL標準とされている「スタンダード」を選んだ。スタンダードといいながら、4つのパラメーター:コントラスト、シャープネス、色の濃さ、色合いが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more