テーマ:レンズ調査

フレクトゴン 35mm F2.4 後期ブラックバージョンのシリアルナンバーと外観の違いについて

フレクトゴンは、カール・ツァイス・イエナ製の旧東ドイツで作られていた、レトロフォーカスタイプの広角レンズで、マウントがM42の物があり現代の一眼デジカメにマウントコンバーターを付けて装着できること、最短撮影距離が短くマクロ的な撮影ができること、値段も西側ツァイスやライカに比べれば安価な割には写りが結構良いこと、などから、最近人気が出てき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more