テーマ:明石海峡大橋

明石海峡大橋: CZJ Tessar 50mm F2.8

今日も明石海峡大橋シリーズです。コントラストの高い写りをするというCarl Zeiss Jena 50mm F2.8を使って試してきました。使ったレンズは、黒鏡胴の比較的新しい個体です。 使った機材は、 カメラ:NEX-5、撮影条件は、ISO800、WB:晴天、絞り優先、中央部重点測光、jpegのFINE-L、スタンダード、露出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明石海峡大橋: Yashica ML 24mm F2.8

今日は久しぶりに明石大橋シリーズです。いい写りをするというYashica ML 24mm F2.8を使って試してきました。 使った機材は、 カメラ:NEX-5、撮影条件は、ISO800、WB:晴天、絞り優先、中央部重点測光、jpegのFINE-L、スタンダード、露出補正は、橋全体では-1.0EV、部分拡大では-2.0EVとしまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Noct Nikkor 58mm F1.2: 明石海峡大橋の夜景

今回は、夜景用レンズとして名高く、日本を代表すると言っても過言ではないレンズ、ニコン ノクトニッコール 58mm F1.2と、価格的には一桁違うがそれなりの定評のある旧東ドイツの代表的なレンズ、パンカラー 50mm F1.8 MCを比較したいと思います。 ノクトニッコール AI Noct Nikkor 58mm F1.2は前期タイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Distagon 2/28AEG vs Tokina RMC 28mm F2.8:明石海峡大橋

今回は、Carl Zeiss Distagon 2/28 AEG と Tokina RMC 28mm F2.8を、いつもの明石海峡大橋の夜景で比較してみたいと思います。Distagon 2/28は、8群9枚で中古価格は$600以上でしょうか、それに対してRMC 28mm F2.8 (MX28/SL28)は7群7枚で$50くらいで買えます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Noktonは夜景に適したレンズか-その1 明石海峡大橋

前回とは打って変わって、コシナ フォクトレンダーの大口径レンズを2本、Nokton 35mm F1.2 Aspherical VMとNokton 25mm F0.95をご紹介します。 35mm F1.2は、レンズ構成/7群10枚 絞り羽根枚数/12枚、非球面3面 25mm F0.95は、レンズ構成/8群11枚 絞り羽根枚数/10枚 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

廉価版35mmレンズ3本撮り比べ-絞りF5.6・夜景撮影

前回に引き続き、廉価版だが定評のある3本、Zeiss Jana Flektogon 35mm F2.4 MC、Olympus Zuiko 35mm F2.8、Yashica ML 35mm F2.8を、絞りをF5.6まで絞った夜景撮影で紹介したいと思います。。 使った機材は、カメラ:NEX-5、撮影条件は、ISO800、WB:晴天…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

廉価版35mmレンズ3本撮り比べ-絞り開放・夜景撮影

今日登場するレンズは、どれも現役を引退していてオークションで買えば1~2万円、それなりの定評がある3本、Zeiss Jana Flektogon 35mm F2.4 MC、Olympus Zuiko 35mm F2.8、Yashica ML 35mm F2.8です。焦点距離35mmは、APS-Cでの撮影では、換算52.5mmで標準レンズ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明石海峡大橋: SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical

フルサイズで15mm以下の焦点距離となると、魚眼を除けば高額レンズばかりです。 このフォクトレンダー-コシナのレンズは、使えるカメラがミラーレスに限られるものの、それほど高額でもありません。日中の撮影でもよく写る実感があったので、本当のところ、どの程度の写りなのか、いつもの明石海峡大橋の夜景を撮ってみました。この日は、月が雲に隠れたり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

明石海峡大橋と舞子公園:Canon EF16-35mm F2.8L USM

たまには、メジャーなレンズの作例を紹介したいと思います。 今日は、Canon EF16-35mm F2.8L USM (旧型です。現行のIIではありません。) もう、少し古くなってしまってはいますが、広角ズームでは代表格でしょう。 撮影条件は、NEX-5、絞り開放F2.8(EFレンズはアダプター付けでは絞りのコントロールができ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

舞子公園: Ai AF Nikkor 18mm F2.8D

ニコン初のモールド非球面レンズを使ったAi AF Nikkor 18mm F2.8Dで、舞子公園付近の夜景を撮ってみました。非球面レンズを使っていると言っても、ノクトニッコールなどとは違って残存収差からくるフレアも結構あるため、解像・コントラストもそこそこある割には、カチカチにならず描写が柔らかく感じます。売り出された頃は希望小売価格が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明石海峡大橋と舞子公園:Biogon 28mm F2.8 G

今日は、レンズの夜景撮影のテストによく使っている舞子公園を紹介したいと思います。 撮影機材は、いつものNEX-5、Contax G Biogon 28mm F2.8です。 おきまりの明石海峡大橋です。 開放F2.8で、拡大はピクセル等倍です。 アダプタにピント調節のバックラッシュがあるため、時間制限のある撮影での微妙な調節に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広角レンズ6本撮り比べ-絞り開放・夜景撮影

開放での夜景撮影を紹介したいと思います。 開放で、無限遠に近い風景を撮ることは通常あり得ないことですが、点光源の多い夜景の画像をみれば、フレアの出方や解像、ハロなどがよくわかり、レンズの特徴を詳しく知ることができます。 今日登場するレンズ名と開放F値は、前回と同じく Cosina Distagon 18mm F3.5 C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more