EOS-D6撮り初め CZJ Pancolar 1.8/50 Zebra 小金井公園 紅梅

先週小金井公園の梅園で撮ったものですが、このときは紅梅は小さな幼木は満開でしたが、大きな木はちらほらの状態でした。今はきっと満開でしょう。ちらほらなので部分的にとらないとちょっとみすぼらしいので寄りめでとることにし、F4に絞って撮影しました。

画像

画像
絞りの形は、最近のレンズの様な円形絞りではないので、ボケには6角形が現れますが、ボケのエッジがさらにぼけているので目立たず、きれいにぼけています。
次の画像が比較的絞りの形がよく分かるものですが、点光源でなければ6角形がうるさくはなりません。
画像

背景に明るい空を混ぜてみました。
画像

画像
紅梅ならば、背景が白くても絵になります。曇りだったことがかえってハレーションが起きずに済んでいます。
公園の中には花がかすかに黄色を帯びているものもありましたが、ほとんどがつぼみでした。
画像
壮年の夫婦がこの梅の色について白か黄色か議論していましたが、まあ、どちらでもいいことです。
桜のように、そばにあったピンクがかった花です。
画像
この花もピンクか白か議論するのでしょうか。

黄花と赤花のマンサクです。
画像
花の中心よりも花弁の先に気がとられてしまいました。先は四角です。
画像
こちらは背景のぼけに気がとれてしまいました。
柵の外から、伊達家の門をちょっととってみました。
画像
屋根の日陰部分がつぶれないようにと思ったら、ちょっとオーバー気味になってしまいました。まあ、ごく普通の写りでしょうか。すぐれたレンズに見られる生々しさはないですね。
絞ってなんでもくっきり写したい向きには関係のないことですが、最近の非対称の構成をもつレンズは、ボケに色にじみが出ることが多いのがちょっと気になります。このレンズはそういうことに関しては実によくできています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2013年03月10日 19:36
 昔の50mmのレンズをいろいろ使ってみるというのも、個性がそれぞれで楽しいことなのでしょうね。
 僕のところにもキヤノンの50mmやら55mmのレンズが4本ありますが、なかなか使う機会がないので、これから少しは使う機会を作らないと、と思案しています。
2013年03月11日 00:52
なおさん、いつもコメントどうもありがとうございます。
そういえば、大口径の標準レンズをたくさんお持ちでしたね。折角大口径でも絞り開放では日中は使い物にならないので、PLフィルターをつけることをおすすめします。2段ほど暗くなるし、表面反射が一部押さえられて、コントラストもあがります。しかし、私としては、フレアっぽい絞り解放よりはF2~2.8くらいにちょっと絞ってシャキっとした方がいいですね。
2013年03月16日 17:34
私は10日、夏日みたいな日に梅林に参りました。
見る見る花が開いていくありさまでしたよ。
ただ風で煙霧状態になり、悲惨でした。
月の光の様なのは『月影』ですね~
私の一番のお気にいりです。
うっすらピンクは『曙』みたいです。
杏とか豊後梅の系統だと思います。
真っ赤なのは『紅千鳥・ベニチドリ』
これには花弁に旗弁が出ることで知られています。
機器の事は判りませんが
お写真はとっても素敵ですね~~
私なんて薄っぺらな写真しか撮れません((+_+))
街撮りや全体はPENでズームしたいときは
コンデジで頑張っています。
大きなカメさんはなかなか扱えないのです。
同じ素材でもかくも違うかと見せて戴きました。
2013年03月16日 19:02
nobaraさん、コメントどうもありがとうございます。
梅の種類、よくご存じですね。砂嵐のような状態でカメラは大丈夫でしたか?
ここの写真も振り返ってみてみるとワンパターンの画像ばかりで恐縮です。ボケをうまく背景に取り入れられると奥行きが感じられるのですが、普通のコンデジでは制限が多くて難しいですね。一眼でも、懐が寂しいのでレンズもそうは好きなようにはならないし、いいレンズでも撮影条件が整わないと中々思うようには写せません。
nobaraさんのブログでもセイヨウミザクラの中央の写真はもっと大きくしてみたくなる写りですね。

この記事へのトラックバック