浴恩館公園にも春:アセビとカンヒザクラ

浴恩館公園は、低木もいろいろ植えられています。
カメラは、引き続きEOS-D60とCZJ Pancolar 50mm F1.8 で絞りもF4です。

アセビもほぼ満開になりました。
画像

画像

画像
花だけ見ている限り、馬をも倒す毒があるようには見えません。その毒作用を調べてみるとフグ毒とは逆になる効果のようです。毒は毒をもって制すとか言いますが、くれぐれもフグ毒の毒消しに使えるとは思わない方がいいでしょう。たぶんトドメを刺すようなことになるでしょうから。
ヒュウガミズキ?も見頃になっていました。
画像

画像
ミズキといってもハナミズキとは全く科が違うようですが、葉に入る筋の雰囲気は似ている気もします。

隣の小学校には、カンヒザクラが満開でした。
画像
紅梅とも違う色合いで何かと思って近づいて見たら、花の柄が長く桜でした。
画像

画像
花が、ソメイヨシノのように平開したはなではなく釣り鐘状なので、色の割には遠慮がちに見えます。
南方系の木のようで沖縄では1月に咲くそうですが、さすがに東京では梅と一緒です。しかし、氷点下でも枯れないところを見ると、南方系といっても雲南のような高地が原産地なのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック