Leica DG Macro-Elmarit: 野川公園自然観察園のセツブンソウ

Noctシリーズもちょっと飽きたのでここで休憩して、セツブンソウが見頃と言うことで、m4/3で数少なく気に入っているレンズであるLeica DG Macro-Elmaritで撮ってきました。カメラはLUMIX DMC-GX1です。

ネット上の情報では、場所も狭くて交代で写すほどとても人気だったそうですが、私が行ったときは、同時には最多で2人が撮っただけで、何枚も時間をかけて撮る人はいませんでした。
冬の花の少ない時期の早春トップバッターだけにweb上のあちこちで見かけ、花びらに見える萼の形の変異もミスミソウと同様多いようです。
とりあえず、私なりに撮ってみました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像
日が少し傾いていたので色がどうか心配でしたが、純白ではない、かすかに赤紫がかった萼の微妙な色がうまくとらえられている気がします。

福寿草も咲いていましたが、日が傾いてきていたので、開ききっていないようです。
画像

画像

画像
いい加減にさっさと撮っていたら、雌しべをはずしていました。

ザゼンソウも包が開いていますが、包の色も薄く、中の芯の花はまだ蕾のようです。
画像
ちょっとこのレンズで撮るには、木道からは遠いですね。

相変わらず、きれいに写してくれるレンズでサブカメラとしては最適です。
ザゼンソウの花が咲いた頃に、また来ようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2013年02月10日 05:36
いいですねえ。此処の葉植えたものなのでしょうが、密度が濃くて花盛りの時は素晴らしいようですね。山登りせずラクに写せるのがうれしいですね。
 ごく小さい花ですので、そばに寄らないとこれだけ大きく写せませんが、手のとどくところで見られるというのが良いです。実際のはなびらに相当するのは黄色い棒のようなもので、白いのは萼片というのも面白いです。
 他にもフクジュソウやらザゼンソウなど早春の花がいろいろ楽しめるのもいいですし、3~4月になるともっと賑やかになり、楽しいところなのでしょうね。
2013年02月10日 08:41
なおさん、いつもコメントどうもありがとうございます。
若い元気な頃は山で撮るのが普通だったので、植栽はどうもなじめないのですが、山登りの時とは違って、写す時間帯も選べ時間も十分あり撮り直しもきくので、写真の練習には持って来いです。よほど希少なものでなければ、花だけ写している分には、画像からはどこで撮ったかもわかりません。

この記事へのトラックバック