湯島天神(3) C Biogon 4.5/21 ZM

このBiogonは最短撮影距離が0.5mもあって、広角特有のパースペクティブを感じさせる写りはあまり望めません。
しかし手前をぼかすなら、最短撮影距離が長くても使えます。
画像
(NEX-5N C Biogon 4.5/21 ZM F4)

焦点距離の短いレンズは中間リングでカメラ本体から離すと、覿面に最短撮影距離が短くなります。
ヘリコイド付きのアダプターを装着して撮ってみました。
画像
(NEX-5N C Biogon 4.5/21 ZM F4)
もっと寄れるのですが、鼻の穴だけになってしまっても仕方がありません。
本殿は新築に近い感じでしたが、災禍に強い狛犬は年月を感じさせます。阿形の狛犬でしょうか、仁王像と同じように神社にも阿吽があるのが不思議です。
画像
(NEX-5N C Biogon 4.5/21 ZM F4)

この日時計、鍛冶橋の欄干にスイスのラドーが復元とは、おおらかなとりあわせです。
画像
(NEX-5N C Biogon 4.5/21 ZM F4)

ヘリコイドを繰り出すと、通常使用を超えての撮影となるのでレンズ性能が急速に悪くなるかと思えば、そんなことはなく極普通に使えます。
コシナのMマウントもレンジファインダー用にこだわらず、いろいろ出そろったミラーレスカメラ用に様々なマウントに対応したり、最短撮影距離もレンズ性能に見合っただけ短くしてくれれば、遙かに使い勝手がよくなり、需要も増えるだろうに、と思わずにはいられません。しかし、ライカほどではないにしろ、ちょっとお高いですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック