滄浪泉園: Contax G Planar 2/35

新小金井街道のトンネルの上に来ました。小金井市から府中市にかけての眺めがいい所です。ちょうど国分寺崖線の崖っぷちにあたります。
画像

トンネルの上は小さな公園になっていてサザンカが咲いていました。
画像

滄浪泉園に入ると中は石畳です。さすがに冬場、人はまばらでお昼時間とあって入園者はすぐに私一人となってしまいました。
画像

池に降りていく途中で縁取りのきれいなクマザサがありました。
画像
クマザサは今が見時かもしれません。

窪地にある池は、この日は結構風が強かったのですが、木々に囲まれているせいもあってか、たまに起こるさざ波程度でした。
画像

逆光で撮ってみました。
画像
飾り程度の純正フードでは画像中心上に大きなゴーストが入りました。
池の水源の湧水です。
画像

鉄分が多いのでしょうか、水の流れているところは黄土色をしています。
画像

低木は、常緑樹がたくさんあります。
画像

池の反対側にもクマザサがあり、常緑低木を抜けた木漏れ日が当たっていました。
画像

池の出口にはセキショウがたくさん生えていました。
画像
この先、細い側溝を巡った後、野川に注ぎます。

もう少し東に向かって足を伸ばし、「はけの森緑地2」を覗いてきました。
ここは、開いている曜日も週の半分ほどで人通りも少ないのか、歩道になっているところに苔がびっしりで、歩くのが申し訳ない気がして、そおっと歩くよう心がけました。むしろ歩道脇の落ち葉の所を歩くのがよかったかもしれません。
画像

園内には何本かロウバイが植えられているのですが、近くの住宅のロウバイは満開になっていたのですが、ここは花がほとんどありませんでした。鳥にでもつつかれたのでしょうか、地面を見るとたくさんの蕾が落ちていました。
画像

大きな黄色の実が落ちていました。
画像
カリンのようです。
虫の保護のために細竹の筒が置いてあります。ドロバチやそれに寄生するセイボウがやってくるのでしょうか、もしきれいなセイボウ(青蜂)が来るなら、初夏に是非見てみたいものです。
画像

この日は、思いつきで写真を撮りに出かけたので、ここで電池切れとなってしました。
バスに乗るより歩いた方が早いような近所なので、また暇を見て来ればいいか。

このレンズ、T*らしくなくたまに逆光に弱いことがある点を除けば、小振りで写りに透明感があって気に入りました。見た目もNEX-5Nとも良くマッチしています。Contax Gのシリーズのレンズはどれもいいできで、このレンズ構成のままコーティングを現代のものにすれば、十分今時のミラーレスカメラ用に対抗できそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年01月31日 21:35
そこって? 大勝軒(つけ麺)のところを上がった所ですか?・・時折、その下を車で通過します。
熊笹がいいですね~
この時期にその白覆輪が見えるそうですね。
青蜂ってブルービーのことですか?
阿蘇の野草園で見られたそうですが
私はあったことがありません。
素敵な散歩道をご存知ですね。
2013年02月01日 12:37
nobaraさん、コメントどうもありがとうございます。
滄浪泉園は大勝軒の北東、すぐ近くです。
青蜂は阿蘇のブルービーとは違って、もっとメタリックカラーのブルーのきれいな蜂です。ギンバエをもっとブルーにしてつぶつぶでキラキラさせたみたいな色でしょうか、「青蜂」でgoogle画像検索していただければ、すぐ出てきます。
「はけの森緑地2」は狭い公園ですが、遊具もないので鑑賞用のお庭っぽく落ち着いたところだと思います。アジサイがたくさんあったので梅雨の頃を期待しています。

この記事へのトラックバック