冬枯れの貫井神社: Contax G Planar 2/35

今日は朝から天気がよかったのとG Planar 35mmが眠っていたので、少々寒いのですが、近所の貫井神社の様子を見に行きました。カメラはNEX-5N、このレンズは絞り開放だと明るい被写体でフレアが出やすいのでF4~F5.6に絞っています。

貫井神社の本殿です。新しく再建されたものです。
画像
手前のカエデでしょうか、葉がある時期では本殿は透けては見えなかったでしょう。

神社前の池には、コウホネが生えています。初夏には黄色い花が咲きます。
画像
この神社を訪れた理由の一つはコウホネの様子を見たかったからです。コウホネは地域によってはレッドデータブック絶滅危惧種になっています。東京都は情報不足になっていて状況はわかっていないようです。沈水葉はたぶん夏を越したのでしょう、苔がびっしりで茶色のワカメのように見えますが、一部の葉は緑のままです。秋になってから出たものでしょうか。
カルガモが何匹かいました。
画像
コウホネの葉をかじるのか、緑色の葉は傷だらけでした。
本殿脇には、湧水が流れています。
画像

セキショウでしょうか、水路に沿ってポツポツ生えています。近縁のショウブと違って春にひょろ長い花が咲くようです。
画像

湧水源です。飲料には適さないそうですが、十分きれいに見えます。
画像
すぐ北側にある小学校のプールは厚そうな氷が張っていましたが、さすが地下水の暖かみがあるのか、小川も池も氷結とは無縁のようです。
手洗い鉢らしきものの上に石の樋のようなものがかけてあり、落ち口付近が妙にデコボコしていました。
画像

向きを変えてよく見てみると、どうもヒキガエルのようです。
画像

画像

色・模様こそ石そのままですが、ペンキでも塗って同じ色にしてやれば、本物と見間違えるくらい、石の樋に馴染んでいました。
画像

貫井神社の様子は、だいたいわかりました。
画像

散歩がてらに、次は滄浪泉園緑地に向かいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック