反射望遠レンズを試す(3) Tamron SP 500mm F8 55BB 神戸

仕事の用事で神戸クリスタルタワーに行きました。そこそこの高層ビルなのでカメラとレンズをカバンに忍ばせ、エレベーターホールから景色を撮しました。あいにく天気は雨が降る前の曇り空でしたが、ハレーションに弱いこのレンズにはかえってよかったかもしれません。カメラはEOS-5DmkIIで、レンズのコントラストや解像がよくないので、多少コントラスト調整とアンシャープマスクをかけました。今回は、このレンズのハンディさを活かしてすべて手持ちで撮影しましたが、手ぶれを避けるためのシャッタースピードを稼ぐため感度をISO3200まで上げて撮ることもありました。フィルムでは考えられないことです。

いきなり神戸港の象徴のポートタワーです。
画像
日が差していなくて光が良く回っているので立体感が全くありません。
ポートタワーの根元です。
画像

大阪湾方面です。
画像
メリケンパークのホテル、ポートアイランド、六甲アイランドコンテナターミナル、大阪北港、大阪の市街地、生駒山と続きます。
近くの結構式場の屋上です。
画像
ライトアップされるただの飾りのようです。
2階建てになっている高速道です。
画像

画像
奥行き方向の圧縮が強く、望遠ですが、広角のようなパンフォーカスになっています。
遠くを撮る限り、ミラーレンズもただの望遠レンズです。多少画像調整してやれば意外にコントラスト・解像力もでて、また歪曲が少ないものです。

ついでに海の方にある商業施設であるモザイクに行ってみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック