加東市平池公園(3) 遠景: Apo Macro Super 70-300mm F4-5.6

今は後継のシグマのDGレンズとして2万円以下で手に入る、廉価版望遠ズームレンズ、APO MACRO SUPER 70-300mm F4-5.6を久しぶりに連れ出して、平池公園の睡蓮を撮りに行きました。

このレンズは、前回のキャノンのDOレンズとは対照的に、廉価にしては写りがいいと評判のレンズです。

久しぶりに手にするとチープさが伝わる軽さ、ズームリングの重さに加え、開放から電気的に絞るとエラーが発生して写らない、135mm以下だとフォーカスが固いのかオートではうまく動かないという満身創痍の状態での出動となりました。というわけでカメラはEOS 5DmkII、廉価版レンズには厳しいですが、すべて絞り開放での撮影です。天候は梅雨の合間の薄日が差す状態でコントラスト的には難しい状態でした。

今回は、前回の午後到着で花がしぼんでしまっていた失敗を反省して、午前中から出動しました。

上が70mm、下が300mmで撮影した西側の大きな池です。
画像

画像

この池には、浮き草のヒシがたくさん浮いていました。
画像

画像

池の畔には、たくさんのカエルがいて、それを捕食するのかライギョの姿もたくさん見られました。
画像

画像
また、釣り人に開放されており、ヘラブナ釣りをする人や、ルアーを投げている人もいました。

東側のハスや睡蓮のある池の周りにはたくさんの観光客がいました。
画像

画像

画像

画像

午前中に来た甲斐があり、ほぼ満開の状態です。

若干、周辺減光が目立ちますが、わずかに歪曲はあっても目立つほどではなく、APOの名前どおり色収差も目立ちません。目が覚めるとまでは到底行きませんが、評判どおり、開放でもそこそこの写りで、前回のDOレンズより遙かにシャキッとしています。

次は、望遠を活かして、もっと大きく写してみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック