コバノミツバツツジ (2):Tamron SP 90mm F2.5 Macro (52BB)

コバノミツバツツジを木全体を撮したくて遠目から狙いましたが、背景の分離が悪くて冴えない写真ばかりでした。今回はもう少し近寄って撮った写真です。
前回と同様、カメラは、EOS 5D mkII、ISO100/ISO800、ニュートラル、WBは晴天で、レンズは、タムロンのSP 90mm F2.5 LD IF (52BB)で絞りF4.8で撮りました。

日陰での写真です。
画像

画像

画像

コントラストが低く派手さはないのですが、まだ暑くはない霧でもかかりそうな春の雰囲気が漂っています。

陽当たりでの写真です。
画像

画像

画像

画像

背景は暗くなって、日の当たる花が浮き上がり、またコントラストも随分高くなります。

木全体を撮すことをあきらめ、少し近づいただけで随分背景はぼけるようになり、花が浮き上がってくるものです。ポートレートマクロと言われるレンズだけあって、このくらいの距離だとうまく撮してくれます。
次は、マクロレンズらしく、といっても最大1/2倍ですが、もっと近寄って撮った写真を見てみましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック