SIGMA SD15を試す。梅園-石ヶ谷公園 2

次に紅梅を見てみましょう。SD15では、何か違ったように写るのでしょうか。
まず、CZJ Flektogon 20mm F2.8 MC を使って絞り開放で撮影です。
画像

広角は、ちょっと被写体と離れると背景を強くぼかすことは不可能です。背景もそれなりに構図を考えないとうるさいだけですが、意図的に背景を入れるには便利です。
画像

近くに寄れば広角と言えど背景はぼけてくれますが、これではちょっと花が小さいと思います。

CZJ Pancolar 50mm F1.8 MC に替えます。絞りはF2.8です。
画像

さすがに50mm、背景はきれいにぼけてくれます。逆に背景を入れようと思っても広い範囲が入らず場の雰囲気は伝わりません。

画像

画像

画像

画像

紅色の花の色はそれなりにきれいに写っていますが、SD15固有のものなのでしょうか。
微妙なピンク系と深紅の違いもわかります。
レンズに関しては、拡大もこの程度できれば、日常的には、まあ満足です。もっと寄りたければマクロレンズに変えた方がいいでしょう。

遠方にピントを合わせたり
画像

手前の花にピントを合わせたりできますが、
画像

画像左の枝に見られるように、このレンズは油断すると、すぐ2線ボケっぽくなってしまいます。
今回、フードをしていますが、それでも逆光には強くはなさそうです。

次は余り数多くは咲いていなかった白梅です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック