Noct Nikkor 58mm F1.2: 真冬のバラ

ニコン ノクトニッコール 58mm F1.2で冬に咲くバラを撮ってみました。コマフレアを少なくすることを主目的に非球面レンズが使われていますが、ボケ味には何か特徴が現れるのでしょうか。

使った機材は、ノクトニッコール AI Noct Nikkor 58mm F1.2は前期タイプの絞り羽根7枚のもので、カメラはNEX-5、撮影条件は、ISO200、WB:晴天、絞り優先、中央部重点測光、jpegのFINE-L、スタンダード、露出補正なし。写真はトリミング無しで適当に縮小しており(クリックすると拡大)、画像補正は特にしていません。当日は、薄曇りで陰ることはなかったのですが、明るくなったり暗くなったりしていました。

絞りは、開放を試したかったのですが、環境が明るくシャッタースピード範囲外になってしまうので、F2.8としました。

まず、背景を離して撮ってみました。
画像

がくに生えている毛を見ると、ピントのあっている所は非常に高解像で、前後のぼけた所を見るかぎり、高解像・高コントラストのレンズにありがちな2線ボケの傾向はありません。よく見ると丸ボケの輪郭が絞りの形の七角形であることがわかりますが、ボケの輪郭も柔らかくてとけ込むように見えます。
画像左中程のボケた葉を拡大すると、表面にある埃の細かいボケがリング状になっていることがわかります(クリックするとピクセル等倍)。
画像

この葉は焦点面よりも手前にあり、手前側にあるボケが余りきれいでないとの記事を見たことがありますが、第一面の研削非球面レンズの影響がこんな所に現れているのでしょうか。

最も近寄って撮った画像です。最短撮影距離が50cmで、焦点距離50mm前後のレンズでは普通ですが、草花を撮るには余り近寄ることのできるレンズではありません。
画像

ピントのあっている所の高解像は、この画像でも同様です。背景の丸ボケもきれいで、手前側のボケている葉も、拡大すれば細かいリングボケがわかります。全体としてみればそれほど悪いボケ方でもありません。

少し逆光気味にして、木々の間の空を入れてみました。
画像

諸収差が少ないレンズのはずですが、収差の多いいわゆるオールドレンズのように柔らかいボケとなっています。焦点手前側にある花もきれいにぼけており、この画像からは手前側のボケが特に悪いと言うこともありません。

逆光の程度をもう少しきびしくして、背景に葉の表面のテカリをたくさん入れてみました
画像

キラキラした点光源のボケはさすがに絞りの七角形がはっきりわかりますが、それでも、目立ったりざわつきを感ずるほどクッキリした物ではありません。ピントのあっている花や葉が浮き出たように見え、がくの辺りの暗部も潰れることなく繊細に描かれています。

明るい物の描写はどうか、黄色い花と葉のテカリにピントを合わせました。
画像

少し花が飛び気味になってしまいましたが、拡大してよく見てみても、明るい所でピントのあっている所が滲むことはなく、ピント面からはずれるにしたがって滑らかにボケて行っています。

黄色のバラでも近寄ってみました。
画像

花が直射日光の当たる部分と日陰の部分が入り明るさのコントラストが非常に高いのですが、繊細に描かれています。背景のボケもきれいに混ざり合っています。

ピント面の手前側に目立つ蕾を入れて撮ってみました。
画像

このような条件では、リング状のボケの影響を受けるのか、少しですが2線ボケの傾向が伺えます。しかし、それ以上に柔らかくぼけているため、ボケがうるさくなることはありません。背景のボケは相変わらずきれいです。

最後に、蕾の表面にある細かい毛がどのように写るか試してみました。
画像

画像

NEX-5のライブビューでは拡大しても花びらの面状の所に正確にピントを合わせるのは難しく、つい、がくの部分のコントラストの高い部分や軸のトゲに惹かれて、そちらにピントを合わせてしまっています。F2.8と言えど被写界深度は結構狭く、蕾の手前の面の部分は少しピントが外れてしまいました。それでも細かい毛や軸の滑っとした質感がよくわかります。

諸収差が少ないレンズだけあって、ピントのあっている所は高解像で、後ボケは溶けるように柔らかく、前ボケは、リングボケの傾向があり、被写体によっては2線ボケっぽくなることもありました。しかし全体的に柔らかなボケなためか煩わしくなることはありませんでした。
F2.8であっても高解像・高コントラストのレンズにありがちなボケの輪郭が固いことはなく、収差の多いいわゆるオールドレンズのようで、その点に関しては他の高性能レンズにあまりないところです。
全体としてみれば文句の付けようのない描写でした。最短撮影距離がもう少し短ければ、私のような草花好きにはもっと出番が増えるのですが、それは贅沢というものでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック