亡興の嘆、そして、亡金の嘆

アクセスカウンタ

zoom RSS 貫井神社のコウホネ

<<   作成日時 : 2013/07/22 01:00   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

貫井神社の池には、コウホネが咲き始めていました。コウホネは県によっては絶滅危惧I類に指定されていますが、水中葉が柔らかできれいなので、熱帯魚用の水草としても使われています。貫井神社の池の水は湧き水が流れ込み年間を通じて温度は安定しているようで、亀や鯉に餌をやる人さえいなければ、水もそうは汚れないでしょう。
この暑いときでも水が冷たいのか、亀は岩の上に乗っています。
画像
(Planar 1.8/50 F1.8/EOS-D60)

花の色をよく見ると、黄色、赤、オレンジと三色あるようです。
画像
(以下、Tamron SP70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A005 F8/EOS-D60で撮影)

画像

黄色の花ですが、花弁の下の方が赤みがかっています。ベニコウホネといって咲き始めは黄色でも赤色に色変わりする品種もあるようです。
画像

別の角度から見た物です。花びらの付け根が赤みがかっているようです。
画像

こちらは、開いていないようですが、随分赤くなっています。雌しべの柱頭は、一見蓮と同じような形をしていて黄色です。
画像

こちらも別の角度から。
画像

赤みのない花です。
画像

こちらはオレンジ色です。
画像

一番池の岸に近くにあった花です。雄しべもよくわかります。雌しべは蓮とは随分違うようです。
画像

カルガモが休んでいました。水温が高くないので、気温もそうは上がらないでしょう。
画像

この池にはたくさん亀がいますが、近くで見ると大半が移入種のミシシッピアカミミガメです。
画像
神域にいるので駆除も出来ないでしょう。在来のイシガメやクサガメが負けないといいのですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
貫井神社のコウホネ 亡興の嘆、そして、亡金の嘆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる